電子処方箋   導入記 (No.9)


処方箋CSVの作成 (2) と 処方箋CSV-XML作成サンプルソフトv2


PATH5(No.5) で CSV作成のことを書きましたが,

電子処方箋管理サービス_記録条件仕様(処方編)ver1.4.pdf」とほぼ同じ内容の電子処方箋記述方法に関する文書があります。保健医療福祉情報システム工業界(JAHIS)の「医療情報交換仕様 JAHIS 院外処方箋2次元シンボル記録条件規約 v1.8」という文書です。これは処方箋CSVをQRコードで表示する仕様書ですが, 前者と同様な内容になっています。(こちらのほうが元祖でしょうか) その中に以下の図があります, 薬剤のグループごとに記載する, そのグループのなかでは 101〜281の番号順に記載するように, ということです。(前者の文書には記載がありません。)



ベンダーONSに質問してみると, No5で書いたような すべて番号順に記載するやり方でもよい, ということです。確かに, No.5のCSVの行を左の2番目のグループ番号を基準に並び替えたら グループごとの記述は再現できます。サーバーに送ればあとはコンピュータがいいように処理してくれるのだと思います。


ちなみに No.5 で提示した例題を グループごとの記述にすると以下の様になります。

(後発品変更不可も追加してみました)


【般】バラシクロビル塩酸塩錠[500]/2錠/ (後発品)

  アプレ−ス錠[100]/2錠/20日/朝夕内服/

(以上 一包化)


  リンデロン-V軟膏[0.12%]/20g/(後発品変更不可)

  プロペト/20g/1日2回塗布/躯幹/

(以上 一包化:混合外用)


【般】ロキソプロフェンNa水和物錠[60] /1錠/10回/疼痛時頓用/ (後発品)

(頓服)



 

(工事中)

2022.10.22 更新

第1グループの記載

101, (グループ1,内服薬1,剤形不明の時記載,20日) 

111, (グループ1,3(固定),用法コード,1日2回朝夕食直後服用,服用回数:省略可)

181,(グループ1,記載順1,一包化2,その記載,グループ全体の補足事項:省略)

201, グループ1,グループ内の薬剤1,医薬品1,レセ電コード1,薬品コード(後発品はxxxx...ZZZ),薬剤名(一般名),1日使用量,力価1,単位

201,グループ1,グループ内の薬剤2,医薬品1,レセ電コード1,薬品コード(612320381),薬剤名,1日使用量,力価1,単位


第2グループの記載

101, (グループ2,外用剤3,,分量は201で記載するのでここは1)

111, (グループ2,3(固定),用法コード,1日2回塗布,内服でないので省略)

181,(グループ2,記載順1,一包化2,その記載,グループ全体の補足事項:省略)

181,(グループ2,記載順2,部位6,その記載,グループ全体の補足事項:省略)

201,グループ2,グループ内の薬剤1,医薬品1,レセ電コード1,薬品コード(662640423),薬剤名,外用:投与総量,力価1,単位

201,グループ2,グループ内の薬剤2,医薬品1,レセ電コード1,薬品コード(667120036),薬剤名,外用:投与総量,力価1,単位

281 薬品補足情報レコード,(グループ2, 1番, 1,3薬剤変更不可, )


3グループ(単剤)の記載

101, (グループ3,頓服薬2,剤形不明の時記載,10回分)

111, (グループ3,3(固定),用法コード,疼痛時服用,頓用なので省略)

201,グループ3,グループ内の薬剤1,医薬品1,レセ電コード1,薬品コード(後発品は 1149019F1ZZZ ),薬薬剤名(一般名),1回使用量,力価1,単位






101,1,1,,20

111,1,3,1012030300000000, 1日2回朝夕食直後 服用,

181,1,1,2,一包化,,

201,1,1,1,7,6250019F1ZZZ, 【般】バラシクロビル塩酸塩錠[500],2,1,錠

201,1,2,1,2,612320381,アプレース錠100mg,2,1,錠




101,2,3,,1

111,2,3,2B72000000000000, 1日2回 塗布,

181,2,1,(省略),混合外用,,

181,2,2,6,躯幹,,

201,2,1,1,2,662640423,リンデロン-V軟膏0.12%,20,1,g

201,2,2,1,2,667120036,プロペト,20,1,g

281,2,1,1,3,後発品変更不可,





101,3,2,,10

111,3,3,1050110000000000, 疼痛時 服用,

201,3,1,1,7,1149019F1ZZZ,【般】ロキソプロフェンNa水和物錠[60],1,1,錠





CSV後半部 (例)                                                     説明

ついでに 「処方箋CSV-XML作成サンプルソフト」も グループごとの 記述で出力する Version 2

を Upしました。ゲスト でLogin してください。完全アクセスになっています。



v1の記述方法では以下のようになります。 (後発品変更不可はできません)



このようになって確かに見にくいですよね。


V2では以下のようになります。後発品変更不可のcheck項目も追加しました。


   

v1で出力されたCSVを左のグループ数字をもとにグループごとに並び変えて出力します。

電子カルテの記述がそのまま CSVになったようで見やすいと思います。

後発品変更不可の記載は 281 として記録されます。


追加情報ですが,

後発品変更不可の場合に電子署名が必要である, という記述が 平成30,7月に作成された

「電子処方箋 CDA 記述仕様 第1版」にあります。

***

3.1 後発品変更不可に対する医師署名

処方箋においては、処方箋発行に対する医師の署名の他に、後発品への変更を不可とした場合の医師

の署名(後発品変更不可に対する医師署名)が必要である。なお、後発品への変更を可とした場合は、

署名を行った場合に疑義照会の対象となるため、署名を行ってはならない。

***

この文書によると, 加えて電子処方箋全体に対する電子署名も必要であると記されており, 二重の電子署名を要することになります。その点をベンダーONSに問い合わせると, しばらくして 回答がありました。後発品変更不可の場合に,281に記載するだけで, その点に関して電子署名は不要である, ということでした。


まだまだ電子処方箋システム, そのルールにはまだ不統一な部分があるな。という印象を受けます。

しかし, 厚生労働省は急いでますね。ベンダーには, 早く医療機関にオンライン資格確認, 電子処方箋のシステムを導入させろ! と やいのやいの の催促です。



  

                                                                     
 
CSV・XML作成 v2path09_files/CSV-XML%E4%BD%9C%E6%88%90V2.fmp12