話題 15  文献検索ソフトとApplescript

論文等の資料が貯まってくると, なんとかコンピュータで効率良く管理できないものかと考えて, データベースにソフトに手を染めたのが ことの始まり, という方も多いのではないかと思います。筆者もそのくちでした。文献検索は, 住所録とともにもっともデータベースソフトに適した題材です。構造も単純ですから, すぐに完成します。ただし 使い心地のいいソフトをつくるのは結構手間がかかります。


昔は何千件の論文のデータを手入力した, 大変な”努力家”もおられました。奥様にも入力を手伝ってもらったということです。しかし, 普通の人は こんなことをしていては続きません。(^.^)

最近は, 外国の論文は無料で検索, downloadできるサイトもありますから, それをFMに取り込めば抄録までのデータ収集は随分楽になりました。日本語の医学文献は, 有料ながら, 医学中央雑誌で検索, downloadできます。ただしこれも抄録までです。

http://www.jamas.or.jp


ところがどうしても, 抄録でなく, 原著を読みたい, 見たい, と思うことが多々あります。しかし, 文献を探し出した上で, その論文が掲載された雑誌を書棚から探して, 論文を読む...という一連の行為がだんだん面倒くさくなってきます(年も関係あるでしょうね)。最近は 多くの雑誌で, PDFという形で論文を閲覧, downloadできるようになりました。学会雑誌はほとんど無料で単一論文ごとにPDFをdownloadすることができることが多いと思います。単一論文ごとのPDFを入力すればそれと関連づけする形で, Filemakerの論文検索ソフトをつくることが簡単にできます。v12からは インタラクティブにPDFが取り込めますので (話題 08参照), 直接FMでPDF画面を見ることが出来ます。また “URLを開く”, “Event送信”を使えば, Acrobat Readerで見ることも可能です。(話題 09参照)



ところが, 上記のようなPDFが入手できない, あるいは, 一般雑誌のときは, 雑誌を自炊してPDFを作成することになります。たいていは, 毎月の雑誌を裁断して, ScanSnapに読み込ませることになります。



この場合, 月ごとの雑誌のPDFを one File としてもいいですが, 多くの論文雑誌では, 1年の通しページを付けますので, 毎月の雑誌PDFを1年分合体させたほうがその後の操作が単純化できます。そうすると,400件前後の論文が入った, 1000 〜 2000ページの分厚い1本のPDFができあがることになります。これを適切な名前をつけて単一の論文PDFにばらせば, 上記の方法でFMに取り込んでうまく使うこともできますが, そんな面倒なことはやってられません。(^.^)

となると, 大きなPDFを開いたあとのページ移動を手動でしなければなりません。この操作はそれほどの手間ではないでしょうが, それさえもだんだんと面倒に感じるようになります。 これをさらに自動化したかったら, FM連動AppleScriptを作成して究極の自動化システム構築が可能です。(sample 参照)


実際に論文雑誌のPDFを作成するのは, かなり手間がかかります。まず, scanしますが, これが紙の材質によっては よく絡みます。薄くて光沢のある紙はトラブルが多いです。背骨を切るときも, しっかりした裁断機がお勧めです。カッターナイフでは, けがの心配がありますし, 厚い雑誌には不向きです。また背骨を細く切ると, 製本のノリがページに残って, 絡み, ページ飛びの原因になります。さらにPDFのページと実際の論文のページを一致させねばなりません。表紙, コマーシャルページを削除したりして調整します。PDFどうしを合体するのは有料のAcrobatを購入しなければなりません。それでも, 苦労して作った文献検索システムで原著がすぐに見られるのは感慨深いです。


Sample (FMsample15)

画面に出ているJournal名, 年, ページなどのField値をAppleScriptに引き渡して原著論文PDFを開きます。

“URLを開く” step でも開けます。原著PDFは”Bunken_Denshibuhin”Folderに入っています。

Applescriptでは 雑誌型のPDFを開いて,さらにページを移動できます。URL...ではページ移動ができませんので, 手動で移動させてください。雑誌型のPDFか, 単一論文PDFかは。”f14_Paper” で指定しています。

(レコード1 〜 4までは雑誌型, 5,6は単一論文型です)

Windowsでは AppleScriptは動きません, “OpenPDF_URL”のみ動作します。


まず, FMで目的の文献を抽出します。



AppleScriptに Field値を正確に伝えるには 以下の値をGlobal値にしておく必要があります。これはScriptで実行します。

PDF Fileの パス....f92_Path_Bunken_GL

PDF Fileの名前....f94_Journal_Name_GL

PDFのページ.......f93_FirstPage_GL


Script: AppleScript_PDF


↓ソフトを確認する画面です。





数年前にネットを参考にして, このApplescriptを作りました。当初, PDFの名前, パスの命令がどうしてもうまく作動しなかったのですが, Global値に設定することで, うまく動くことがわかりました。Applescript側からすれば, どのレコードがactiveなのかわからないんでしょうね。(もっとも, active レコードに移動する方法もあるかもしれませんが...不案内です。) また, このsample ソフトは, すでに画面に出ているPDFを閉じないと, 次の新しいPDFのページ移動がうまくゆきませんでした(雑誌型のPDF)。これは 上記のApplescriptのページ移動の部分を “tell PDF Window 1”(修正前)にしていたためで, この記述では, いつまでも最初に開いたPDF Fileに ページ移動の命令が行くことになります。これを “tell last PDF Window”(修正後) に変更したら, 最後に開いたPDF Fileが 動作するようになりました。Applescriptの動作は お世辞にも速いとは言えません。一呼吸置いてPDFが開きます。 またApplescriptはちょっとナイーブなところがあります。ときどきページ移動がうまくゆかないことがあります。Acrobatを閉じて, 新しく起動するとまたうまく動くようです。


sample File 使用上の 留意点

最初, Folder名は 日本語にしていたのですが, Windowsでdownloadすると文字化けすることが判明して, 半角文字に変更しました。この文献ソフト”Bunken2000.fp7”とPDFのfolder”Bunken_Denshibuhin”は等階層に配置してください。downloadした状態で動かさなければOKです。外部記憶装置においたのでは動きません。





 
Sample File のdownload (.fp7)Tech_15_files/FMsample15.zip